Skip to main content

看護教育研究学会

Academy of Nursing Education Research
ホーム
学会について
学会規定
入会申込
年会費
活動計画
研究倫理
学術集会
学会誌
研修会
お問い合わせ
リンク
サイト マップ
メンバーのログイン
看護教育研究学会
 
会長挨拶
 
看護教育研究学会会長 森 千鶴 
 
 看護教育研究学会は、看護および看護教育に関する研究を発信し、看護学の発展に寄与するとともに、看護職者の資質の向上を図ることを目指して8年前に設立されました。年2回の学会誌の発行と年1回の学術集会を開催するという活動をとおして会員数が200名を越えるようになり、これまで会長であった大下静香先生(日本保健医療大学)、佐藤みつ子先生(了徳寺大学)が学会の基礎づくりにご尽力なさったお陰と感謝しております。
 2013年の総会で会長に選任され、任の重さを実感しております。しかし、会員の皆様とともに看護および看護教育の質の向上の一翼を担っていきたいという思いを強く抱くようになりました。これまでの学術集会ではメインテーマに「変革の時代における看護教育」と掲げ、サブテ-マは、その時の看護や看護教育にマッチしたことを取り上げてきました。この学術集会をとおして、日頃感じている看護教育の課題、教育内容や教育方法、教育評価などの看護教育に関することや学生のこと、看護実践などについて会員の皆様と共有することによって、視野を広め活力が得られるのではないかと思います。比較的小さな学会であるからこそ、日々の疑問について意見交換ができるのだと思います。会員の皆様の学術集会へのご参加および学会誌への投稿をお待ちしております。
 また、3年ほど前から年1回の看護職者の研究力や教育力の向上を目指した学習会を開催しています。今後、会員の皆様のニーズに応えられるよう皆様のご意見を取り入れ、さらに充実をはかりたいと思っています。多くのご意見をお待ちしております。
 近年、教員の教育力や看護実践力が問われていますが、教員も看護専門職業人として看護を問い続ける姿勢を示すこと、実践力を磨き続ける姿勢をもつことによって、学生も看護を探究し続けることができるのではないかと思います。
 会員の皆様のキャリアアップの場として、看護教育の質の向上にむけて学会を運営していこうと思っております。
 
 
 今後とも本学会の活動につきまして、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 
2014年6月吉日            
筑波大学大学院人間総合科学研究科  森 千鶴